獣医師 王 肇陽 ペットフード相談会

台湾より獣医師 王 肇陽さんを招いてペットの栄養・フード相談会を開催致します。

ご愛犬に必要な栄養をベースにペットフードの選び方、表示の見方のご相談に乗ります。

 

講師プロフィール

王肇陽(ワン・チャオヤン)

国立台湾大学獣医学部 卒業

経歴:
小動物内科主治医(2013-2016年)
犬猫みなしご保護団体 医療顧問(2016-2017)
ファルミナペットフーズ・台湾 獣医師(2016-2018年)
ファルミナペットフーズ・ジャパン 獣医師(2018年-)

臨床獣医師として動物病院で働いた時、犬と猫の代謝症候群ケース(肥満から派生する病気、例えば糖尿病、心臓病、腎臓病、膵臓病、下部尿路問題など)がよくあることに気づいていた。
その時以来ずっとこのような病気の治療方法を研究していた以外、栄養学に基づいてケースバイケースで患者の良い生活習慣を組み立て直します。

獣医生活の一言:
子供の頃からずっと動物が好きていて、必死に頑張って、ようやく理想的な獣医学部に入学できました。大学時代からずっと動物病院現場で実習した原因で、大学卒業後はインタンシップをスキップできるし、直接主治医として就任、毎日いろんなやまいを対抗していて、充実な日々でした。
全ては順調に進んでいるようですが、数年前のある日、自分の愛猫が急病で亡くなりました。できる治療を何もかもしてあげたけど、主治医の自分は、死神の鎌を止められないです。
その時、自分は分かりました。獣医師の自分はやはりただの人間で、“生老病死”という自然の法則を変わることは絶対にできるわけがないです。動物をもっと健康になるように、そしてできるだけもっと長生きさせるこそ、自分の使命なのです。
それ以来、自分は研究の重心を治療から予防医学に変わりました。動物栄養学を真剣に学んでいた途中、偶然にファルミナというブランドと出会いって、そしてファルミナ・台湾での仕事を始めました。仕事をしながら、イタリア親会社から動物栄養学を訓練されました。
現在はファルミナ・ジャパンのテクニカルアドバイザー・獣医師として勤めています。これから日本の皆様にもっと動物栄養学、動物医学の知識を提供していけるよう、努力して行きたいと思います。

※相談会は『ナチュラル&デリシャス』ブースにて開催致します。