プレイズタッチ

プレイズタッチとは?

プレイズタッチは愛犬・愛猫におこなうタッチケアです。様々な場面に応じた20種類のタッチがあり、簡単に習得できるテクニックで優しく触れることで、お互いの体と心の健康に役立ちます。

☞ 愛犬と一緒に簡単にマインドフルネスを実践できます。
☞ 身体と心の健康に役立つオキシトシンを誘発します。
☞ 自律神経のバランスを促します。
☞ ストレスに打ち勝つ身体と心をつくり、自己免疫力を高めます。
「タッチは動物において幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンの放出を引き起こす。人間でもおそらく同じことが起きる。」
(シャスティン・ウヴネース・モベリ著『オキシトシン|私たちのからだがつくる安らぎの物資』より)

http://www.iaalp.com/website/pureizutatchi.html

みちのく公園ドッグフェスティバルではご愛犬にしてあげてほしい4つのプレイズタッチをご紹介致します。

◼️ストレス軽減に役立つプレイズタッチ

お互いのストレスを軽減させることが目的の災害時やいざという時のために知っておきたいプレイズタッチをご紹介致します。

 

◼体を動かす前後に役立つプレイズタッチ

人間同様に運動前のウォーミングアップや運動後のクールダウンが必要。ドッグスポーツに取り組む前に行って頂きたいタッチをご紹介致します。

 

◼シニア犬に毎日おこないたいプレイズタッチ

幸せの数だけ年齢を重ねたご愛犬との愛しいひと時をさらに充実させるための年齢に応じたタッチをご紹介致します。

 

◼パピーに毎日おこないたいプレイズタッチ

トレーニングの一環としてオーナーさんとの関係性を構築するためのプレイズタッチをご紹介致します。

 

講師プロフィール

山田 りこ

アメリカにて動物の行動学やタッチケア、マッサージなどを習得し、動物と人との信頼関係を深めるためのコミュニケーション方法として「プレイズタッチ®」を考案。また、犬のリハビリテーションの理論と技術を日本に導入した第一人者でもある。大学や専門学校、動物病院での指導のほか、数多くのメディア、動物関連雑誌、獣医療関連誌の執筆、講演等の活動を行なっている。動物病院や宿泊施設等における犬のリハビリテーションやドッグウェルネスについての監修も行なう。

一般社団法人 アニマルライフパートナーズ協会 代表
財団法人 動物臨床医学会 理学療法分科会 委員
Karen Pryor Academy Certified Training Partner (KPA CTP) 認定トレーナー
International Association of Veterinary Rehabilitation and Physical Therapy 会員
帝京科学大学 アニマルサイエンス科 リハビリテーション実習講師
酪農学園大学 獣医保健看護学類 リハビリテーション実習講師
シモゾノ学園 国際動物専門学校 理学療法科 特別講師
宮﨑学園 大阪ペピィ動物看護専門学校 特別講師
一般社団法人 日本アニマルウェルネス協会 ホリスティックケアカウンセラー養成講座「ストレスマネージメント」 講師