犬の鑑札・予防接種 徹底キャンペーン supported by ナチュラル&デリシャス

日本では1950年に「狂犬病予防法」が制定され、飼い犬の登録と狂犬病予防注射が義務化されました。

しかし、悲しいことに登録していない犬もまだまだ多いと推測され、予防接種を受けていない犬も同様との推計もあります。

狂犬病の他、犬や人間が暮らす環境には、たくさんのウイルスや細菌が存在しています。

なかには健康に重篤な影響をおよぼすものもあり、特に犬は重い感染症を引き起こすことがあります。

これらウイルスはワクチン接種で予防できることが多く、愛犬の健康維持にも予防接種は心がけるようにしたいものです。

みちのく公園ドッグフェスティバル2018では、法律で義務化された「犬の鑑札」と狂犬病ワクチン等の「注射済票」の提示を入場受付時にお願いします。

皆様が安心・安全なペットライフを楽しめるように是非ともご協力をお願いいたします。

  • イベント入場時に、法律により義務化された”犬の鑑札”と”注射済票”のご提示をお願いします。ご提示の際に粗品をプレゼントさせて頂きます。(数に限りがあります。)

  • 上記をご提示いただけない場合、本イベント内の一部コンテンツにご参加いただけませんのでご注意ください。

  • 狂犬病ワクチン、混合ワクチン、その他必要に応じての予防注射を接種してのご参加をお願い致します。

※ご参考ページ

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/10.html